EMクリーニング研究会のWEBサイトです。会員の情報や会員間の情報交換を行っています。
 HOME  おしらせ  会員紹介  スケジュール  活動報告  Q&A  お問合せ
EMクリーニング研究会 ◆ 輝け!未来の地球
投稿者: emc 投稿日時: 2007-8-11 11:06:01 (1560 ヒット)

8/13(月)
岩手放送 番組【スポット岩手】にEMクリーニングが紹介されます。地元の方は是非ご覧下さい。

正会員の(株)星光舎の工場に番組スタッフ、地元の高校の先生と生徒が見学取材に来社。
1時間ほどの取材でした。

東北地域は、EM菌を使っての農業が盛んに行われ、日本でもE技術の普及が進んでいるところです。
クリーニングの分野も、もっともっと普及していくことを願うばかりです

投稿者: emc 投稿日時: 2007-3-15 12:19:39 (1840 ヒット)

昨日、KSB瀬戸内海放送において予定通り「EMクリーニング」の特集が放映されました。

まず驚いたのは、まだ放映中でありながらも一般の方からジャンジャン問い合わせの電話が鳴り出す!!! 一時は回線パンクするかと思いました。 一日経った今もこの記事を書きながらも問い合わせの電話に応対させていただいております。

放映当日は、女性の方からのお問い合わせが多かったのですが、今日は男性の方が多いようです。放映の中で、「EM活性液」を使い、一般の方がEMクリーニングを実施できるやり方が注目をされたようです。

環境やご自分の体の事を案じられる方が増えてきたということでしょうか?科学火傷や科学物質過敏症、アトピーや花粉症、最も身近な手荒れにいたるまで、クリーニングは「食」の次に人間の体に直接接するという感覚(考え)が、やっと気づきだしたということだと感じます。

それにより一般の洗剤メーカーも、一斉に「環境にやさしい」という洗剤作りに力を入れだし、昔のように合成石けんから天然石けんの時代に、戻ってきているのです。

**********************************************************
■喜田会長から皆様へお伝えしたいこと■

昔、地球にか環境破壊という言葉などはありませんでした。それは地球を作り出した光合成細菌などの善玉菌たち「良い微生物」が、フロンやフッ素など汚染物質より、「微生物」の量や力のほうが勝っていたからです。しかし、科学や家庭排水の垂れ流し、言い切れないほどの汚染物質の増加で、「微生物」より「汚染物質」の量のほうが多くなってしまったがゆえに、環境破壊という言葉が生まれてきたのです。

洋服についている汚れも、いわば汚染物質。それなら「微生物」でクリーニングも出来るのでは!?と考えて生まれたのが

【EMクリーニング】です。

クリーニングにEM菌を使用することで、排水の汚染物質まで浄化します。
今、ドライクリーニングが当たり前のように、ブームに終らず、クリーニングにEM菌を使うのが当たり前になるのが夢ですね。

***********************************************************

当研究会でも一般の方向けにEMクリーニングをするための「 EM活性液」をご紹介しておりますので、詳しくはEMクリーニング研究会事務局までお問い合わせ下さい。

投稿者: emc 投稿日時: 2007-3-12 17:54:39 (1901 ヒット)

3/9に瀬戸内海放送(KSB)がEMクリーニング研究会会長の本社工場へ取材に来ました。

環境問題、アトピーや化学物質過敏症などクリーニングに対する問題が多い中、「EMクリーニング」というものが、どれほどに環境浄化や人間の体に良い効果をもたらすものなのかという事を、衣替え時期を控えて消費者の皆様に知らせたい!という趣旨でした。
詳しくは、3/14放送のKSB瀬戸内海放送をご覧下さい。


【放送時間】
KSB 瀬戸内海放送
3/14(水)17:30