EMクリーニング研究会のWEBサイトです。会員の情報や会員間の情報交換を行っています。
 HOME  おしらせ  会員紹介  スケジュール  活動報告  Q&A  お問合せ
EMクリーニング研究会 ◆ 輝け!未来の地球
投稿者: emc 投稿日時: 2010-6-15 11:38:33 (1634 ヒット)

平成22年度第二回本部勉強会のお知らせ

第二回本部勉強会の日程をお知らせいたします。今年の全会員対象アンケートの回答結果をもとに開催決定いたしました。会員が望む勉強会の開催に今後も取り組んでまいりたいと思いますので、ぜひご意見・ご希望を事務局までお寄せ頂けると幸いです。有意義な勉強会にするため、20名の限定とさせていただきます。各企業何名でも参加可能です。
定員になり次第、募集は締め切らせて頂きますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。



【22年度第二回本部勉強会】参加費500円
日  時:22年7月18日(日)〜19日(月)二日間
18日:13時〜17時(予定) / 19日:9時〜14時(予定)
場  所:ニュー明治屋クリーニング(会長の本工場)
香川県丸亀市川西町北1286-8(TEL0877-22-1898)アクセス:JR「丸亀駅」車で約15分

【懇親会】参加費4,000円
日  時:22年7月18日(日)17時30〜19時30
場  所:居酒屋 まる(予定)(TEL 0877-25-1605)アクセス:JR「丸亀駅」徒歩3分

【宿泊先】宿泊費5,000円(朝食込)
場  所:丸亀プラザホテル(TEL)
アクセス:JR丸亀駅より徒歩約5分

【勉強会内容】
18日  「なるほどEMクリーニング!総集編(1日目)」  20名限定!
EM菌とEMクリーニングの基本をみっちり教えます。微生物だからと難しく考えていませんか?EMクリーニングはシンプルです。このシンプルさが低コストでハイクオリティーのクリーニング品質になっていることを会長の工場では実感いただけます。入歴の浅い会員様や、もう一度復習をしたい会員様は必見です。
EM菌・EMクリーニングの基本原理・基本知識
EM活性液・EM波動水の作り方(実際に作ります)
EMクリーニング資材の説明と応用の仕方

19日  「会長のクリーニング技術を見せます!実践編(2日目)」   20名限定!
EM資材と一般資材をどのように併用且つ応用してクリーニングをするのかを見ていただきます。
数種類の材料だけで、高品質を生み出す秘密をお見せします。企業様を会長は低コストで高料金(高利益)の店舗運営をしています。資材メーカーに言われるままに購入していませんか?余計なものを買いすぎていたり、効果(効能)の被る資材が多くありませんか?コストダウン分は利益です!!
御社での本当に必要なものと必要ないもの、変えるところと変えてはいけないところを知り、今後において見極める力を会長から学んでください。丁寧な仕事を宣伝文句にしたい方・地元密着型(中規模企業様向き)・単価アップをしたい方におすすめの勉強会です。
当店の使用している資材の紹介
クリーニング基本知識・機械の基本知識
ドライクリーニングの洗い方(EM菌使用)、ウェット・ランドリーの洗い方(EM菌使用)
革・皮革製品の洗い方(EM菌使用)
EMクリーニングやその他の技術の質問可能で、会長からの参加者企業様のクリーニング品質を上げるための改善提案が特別に受けられます。(希望者のみ:事前連絡は不要)
実際に洗ってみたい商品がありましたら当日ご持参ください。(希望者のみ:事前連絡が必要)


事務局(FAX:0877−24−3602)までお申し込みください。
申込締切:定員になり次第募集は締め切らせて頂きます。

投稿者: emc 投稿日時: 2010-1-20 11:15:38 (2116 ヒット)

平成22年度役員会・総会日程のお知らせ

来季の役員会および総会の日程をお知らせいたします。ご多忙中とは存じますが、ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。つきましては、出欠の有無を事務局へご連絡ください。

【22年度役員会】
日時:22年2月13日(土)12:30〜14:30
場所:神戸三宮ユニオンホテル(TEL078-242-3000)アクセス:JR「三ノ宮駅」東口より徒歩約10分

【22年度第一回本部勉強会】勉強会費:無料
日時:22年2月13(土)15:00〜18:00
場所:神戸三宮ユニオンホテル会議室
内容:別紙参照

【懇親会】懇親会費:6,000円
日時:22年2月13日(土)18:30〜20:30  
場所:四川料理チャイナハウス5階(078-321-2882)アクセス:阪急神戸線「三宮駅」西口から北西へ徒歩5分

宿泊先】宿泊費5,880円(朝食込)
場所:R&Bホテル神戸元町(TEL078-334-6767)アクセス:JR元町駅東口より徒歩約3分

【22年度総会】
日時:22年2月14日(日)10:00〜12:00
場所:兵庫県民会館 会議室(TEL078-321-2131)アクセス:「JR元町駅」北へ徒歩約7分/「阪神元町駅」北へ徒歩約7分
******************************

≪役員会議事内容≫
(神21年度決算報告
∧神22年度予算案決定
2饌Р定に関して
 *会計処理の改正→本部会計と物販会計を別途会計から別途報告に変更
 *年会費納入期限→6月末日から3月末日に変更
に務て算拮瑤梁限概擇喨拔会開催に関して
ヂ萋鷁麑魄会日程決定
Σ馗晃綰ぜ圈事務局後任者について

≪本部勉強会内容≫
【第一部】15:00〜16:50
講演 講師:(株)ラッセルマネジメントパートナー 亀谷長志
「儲かるクリーニング店の計数管理と銀行の付き合い方」
「これからのクリーニング業界動向を探る」

講師 亀谷長志(かめやたけし)
 (株)ラッセルマネジメントパートナー代表取締役
昭和40年、沖縄生まれ。地方銀行出身。
融資・渉外係、国債ディーラー(8年)経験。
2000年独立。
業績予測管理システムを活用した管理会計コンサルティングで中小企業支援業務を展開。
クリーニング業界では50社を超える企業が導入している。


【第二部】17:00〜18:00
テーマ「EMはエコや健康保持の最良の方法!時代が注目するキーワードで顧客へPRする」
〜お客様が関心を抱いてもらえるPRの切り口とは〜

今回は、グループに分かれての「グループディスカッション」を中心に行っていきます。
クリーニング業界もエコは最重要課題として、自社で考えていかねばなりません。
時代は、エコ・健康・美容などが注目され関心を呼んでいます。EMクリーニングは、それらを促進する最良の方法です。
今回は、お客様が興味を持っていることを探り、それに対してEMを関係づけて利用することのメリットを見出す。顧客への有効なPR方法とは何かを話し合っていきたいと考えています。

EMクリーニング研究会
事務局
763-0091香川県丸亀市川西町北1286-8
TEL0877-23-8599  FAX0877-24-3602


投稿者: emc 投稿日時: 2009-11-21 10:32:43 (2486 ヒット)

EM活性液作成用のエサが発売決定たしました。発売日は2009年11月20日(金)です。
今年の4回行われた勉強会で紹介され、会員の皆様から販売をしてほしいとのお声をたくさん頂戴いたしましたこと、御礼申し上げます。



●商品の特徴(EM研究所推薦品)
リンゴ糖蜜にかわる、EM活性液作成用の「えさ」です。リンゴ糖蜜に代わり使用するものです。リンゴ糖蜜はかねてから、夏は膨張や、カビが繁殖してしまい、ロスが出るというデメリットが懸念されておりました。冬場は固まってしまい、混ぜることが困難であったため使いづらく、活性液の出来にばらつきが出ておりました。パウダー状であるため雑菌が繁殖しにくく、そのため保管がしやすくなりました。念のため沸騰したお湯で溶かすことを推奨しておりますが、冬であっても水にすぐ溶けます。
そして、米ぬかは必要なくなります
とても活性液の作成が簡単で楽になります。

●使用方法
20リットル当たり、250グラムを沸騰したお湯に溶かし(水でも溶けます)、活性液培養タンクに投入するだけ。後の作り方は変わりません。

●販売価格【EM活性液作成用えさ(仮名)】1ケース5袋単位でのご購入になります。
1ケース(5袋)7,470円(税・送料込)

●注文方法
資材専用注文用紙に記入し、ファックスでご注文ください。

【お問い合わせ先】
EMクリーニング研究会 事務局
763-0091香川県丸亀市川西町北1286-8
TEL 0877-23-8599
FAX 0877-24-3602

投稿者: emc 投稿日時: 2009-8-3 9:26:56 (1936 ヒット)

EM活性液、化学物質過敏症、ドライクリーニング、ランドリークリーニングのクリーニングマニュアルを一部変更と修正をいたしました。会員の皆様はご確認をお願いいたします。

会員様はログイン後に会員メニューからご覧ください。
尚、ログイン方法が分からない場合は、事務局までお問い合わせください。


事務局(喜田)
763-0091
香川県丸亀市川西町北1286-8
TEL 0877-23-8599

投稿者: emc 投稿日時: 2009-5-21 17:21:46 (1356 ヒット)

今期の本部勉強会のテーマは、「EMクリーニングを行う上での、自身の店舗の悩み・欠点を知り、改善策を見つけ体制を整える」です。

会長は設立当初の理念に基づき、10数年にわたり、EMを利用するクリーニング方法を考え、会員の皆様が簡単にEMクリーニングができるようにと
クリーニング用の資材等の発明もしてきました。

ただ、基本的なクリーニング方法(原則)というものは存在しますが、
完全なる方法はありません!
というのは・・・
クリーニング店は全国各地に点在しており、EMは生き物(微生物)です。
クリーニング店はそれぞれ気候や環境風土、地域の物価等も違い、EMやEMを利用するEMクリーニングはそのような各地の変化にとても左右されます。
本会のオリジナルEM活性液の出来ですら、同じ方法で作成しても毎回違いますし、クリーニング店に合わせて、多少方法を変えたり、工夫したりするものなのです。


EMを利用した本会推奨商品を使用した基本マニュアルでのクリーニング法は効果的であり、EMクリーニングをやりやすく行うために開発されましたが、
本会の本来の理念は、【今のクリーニングの設備を変えずに、EMを利用したクリーニングを行い、より人に優しく環境にやさしいだけではなく浄化するクリーニングをめざす〜ローコスト・ハイクオリティー〜】
それを実現するために、EMと天然の資材(石けんなど)を利用することに努めてまいりました。推奨商品を使わずとも、EMクリーニングの原則を本会勉強会で学び、工夫してクリーニングを行っている会員様もいらっしゃいます。
本会は、資材使用を強制いたしません。実際、勉強会等で体験及び、試してみて、納得さえれた上でご使用くださいとご案内申し上げます。

本会事務局も、推奨品使用している会員様、工夫をされている会員様、会員様の状況に合わせてのよりよい方法を提案できるようにと運営に努めてまいりました。


具体的には、ドライクリーニングのソープ使用量を減らす。
人の健康に悪影響をもたらすのは、ドライソープに含まれるシリコンなどが大きな原因とされております。簡単に申しますと、ソープを減らすことで、悪影響を及ぼすシリコンも減ることになるので人や環境への悪影響が少なくなるということです。

本会はソープを全く使わずに、「人(肌)に優しく、ドライクリーニング臭の軽減、従来以上の洗浄力、逆汚染はしない、カートリッジは2〜3倍長持ち」させることを考え、
今日の技術では、通常使用量の半分のソープ量で、通電性を上げ、静電気を起こさずに、上記の効果を実現するまでに至りました。
これからも半分の使用量にまでになったソープをゼロにするために、研究していきます。

ランドリーやウェットクリーニングでは、天然石けんで「合成洗剤に負けない洗浄力」の実現に、CC4の開発とともに、会員も認める結果が出てまいりました。

これらのEMクリーニングの科学的証明をするべく本会として今後も取り組みたいと思っております。

EMや本会推奨商品の活用・応用方法は、マニュアル以外に前処理
後処理・しみ抜き等たくさんあります。時代や環境の変化が激しくい現代を考えると、EMクリーニング方法が今後も多少なりの変化や工夫は必要でしょう。

会員皆様が、EMとEMクリーニングの原則を確実にマスターし、自店の設備・資材で、EMを利用したクリーニングを社会へ提供でき、より人にやさしく、環境を浄化するクリーニングの実現に向けて、本部勉強会で会員相互の経営環境での実践経験を交えたディスカッションをしながら、有効なEMクリーニングを学んでいく勉強会を目指します。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 15 »